念佛宗【念仏宗】無量壽寺|

お釈迦様のお話

念仏宗の総合案内 サイト更新日2019-02-07

念佛宗 【念仏宗】無量壽寺|

お釈迦様のお話


更新日2019-02-07

お釈迦様のお話

トップページこれまでのお話その21 三迦葉の帰依

仏教の教主 お釈迦様

その21 三迦葉の帰依

お釈迦さまは、ヴァーラーナシーを離れ、二大強国の一つであるマガダ国へ向かわれました。
マガダ国には、三迦葉と呼ばれる、有名な三兄弟の仙人がおり、長男のウルヴェーラ・カッサパ(優楼頻螺迦葉)は、特に人々から尊敬されており、そのためか、自分のことを優れた者だと思っていました。
しかし、お釈迦さまは、その心を見抜いておられ、不思議な御力を使うことによって、ウルヴェーラが悟りの境地に至っていないことを、気づかせました。
そして、そのことを素直に認めたウルヴェーラは、五百人の弟子たちと共に、お釈迦さまに帰依したのです。
 
このことを知って驚いたのは、次男のナディー・カッサパ(那提迦葉)と、三男のガヤー・カッサパ(伽耶迦葉)でした。
しかし、心から尊敬していた兄のウルヴェーラが、ただひたすら、お釈迦さまに帰依する姿を見て、二人の心も動いたのでしょう。
ナディーとその弟子三百人、ガヤーとその弟子二百人も、お釈迦さまに帰依したのです。
三迦葉は厳しい修行を積み、マガダ国中の人々から尊敬されていました。
その三迦葉が持ち続けていた信念や考えを、改めさせるほどの悟りを、お釈迦さまは得ておられたのです。